風力発電エレメントのハンドリング

自重何トンにも及ぶスチールシート及び支柱の環状部分の搬送。FEZERは、それに対して特殊真空リフターを製作します。それらによって搬送できるのは材料シートだけではありません。溶接済みの管部分も搬送できます。この「コンビリフター」には、特殊サスペンションを備えた吸着パッド設備、それと同時に、完成した管部分を動かすための機械式グリップ機構の両方を装備しています。その際、機械式グリップ機構は、電気モーターを使用したアクチュエーターによって必要な位置へと動かすことができますが、その際、オペレーターは真空リフターに「手をつける」必要がありません。このことで、高価なセットアップコストは節約され、真空リフターの効率性と経済性とが高まります。

  • 重スチールシートの搬送 
  • プレートの入・出庫及び検査 
  • 管及び環状部分のハンドリング 
  • 屋外で使用される特殊リフター
  • スチールシートを真空技術で搬送し、続いてそこで溶接された管を風力発電装置2に移動するコンビリフター